馬プラセンタ効果 胎盤

MENU

胎盤とはどんなもの?

胎盤には、中国でも「漢方薬」としての古い歴史があるように、不思議な力があると言われています。
人間以外の哺乳動物は、出産をした後自分の胎盤を食べるということを知っていますか?

 

この行動は、本能的に胎盤を食べることで自然治癒力を高めて消耗した体力を回復させたり、ホルモンの分泌をよくし乳腺を刺激して産まれた子供に母乳をあたえることができるようにしているのです。

 

プラセンタ」とは哺乳動物の胎盤という意味ですが、この胎盤から有効成分を抽出したものを「プラセンタエキス」と言います。

 

一般的には「プラセンタ」と言われていて、注射・サプリメント・ドリンクなどに利用されていて、アンチエイジングに効果があると期待されています。

 

胎盤は、直径0.1ミリ程度の1個の受精卵が、わずか10ヶ月で3000gの赤ちゃんに成長させることができる、驚くような素晴らしい機能があり、母親からの酸素やエネルギーと胎児からの老廃物の交換をする場所です。

 

胎盤には、アミノ酸・タンパク質・脂質・糖質・ビタミン・ミネラル・核酸・酵素などのたくさんの栄養成分や、細胞を増殖させる成長因子などの胎児が育っていくのに必要なあらゆる成分が含まれています。

 

子宮の内側に付着している胎盤は、まだ十分に機能していない胎児の各臓器の代わりをし、栄養・血液・ホルモンのバランスなどを調整したり、母親からの胎盤からつながっている臍帯(へその緒)を通って、胎児に栄養や酸素を運んだりなど、胎児が成長していくのに必要な働きをすべて行ってくれているのです。

成長因子の効果

成長因子は、細胞増殖因子(グロースファクター)ともいわれていて、細胞分裂を促す力を持つタンパク質の1つでEGF(上皮細胞増殖因子)FGF(線維芽細胞増殖因子)があり、摂取することで体内の細胞が活性化されて、細胞が新しく生まれ変わるため、代謝がよくなり美容や健康の面でのアンチエイジングの効果が期待できます。

 

もともと体の中で作られている成長因子は、10歳ごろから減少し始めて、20代後半ぐらいからは急激に減少していってしまい、老化現象はこの成長因子の減少が関係していると言われています。

 

成長因子は他の美容成分には含まれておらず、プラセンタにしか含まれていません。

 

馬プラセンタサプリメントに利用されている胎盤とは

人間以外の哺乳動物の胎盤は、見る機会はそうそうあるものではありませんが、サイト管理人は自分の出産の時に胎盤を見せてもらいました。

 

感想としては「大きなレバーみたいだな」、そしてこの大きなレバーみたいな胎盤を体力回復のためにそのまま食べるのは…無理かなと思います。

 

プラセンタに利用される胎盤は、「人」「豚」「馬」「羊」由来のものがありそれぞれの特徴がありますが、サイトの管理人がおすすめしたいプラセンタは馬プラセンタです。

 

1年に1頭の出産しかしない馬は、胎盤に厚みがありぎっしりとたくさんの栄養素が残っています。

 

馬は体温が高いため寄生虫が体につきにくく病気にも強いので、ワクチンの接種や抗生物質の投与などをしなくてもいいので、安全性も高く、馬プラセンタで使われる馬はサラブレッドがほとんどです。

 

サラブレッドは放牧して育てられるためストレスが少なく、血統や衛生管理の行き届いた環境なので安心できるため、高純度・高品質・安全性の高いプラセンタエキスが抽出されるのです。

 

そして、馬プラセンタでもお手軽に毎日継続することができる馬プラセンタサプリメントをおすすめしたいと思います。

 

サプリメントは、即効性はありませんが、三ヶ月程度毎日継続して摂取することで、効果が感じやすいと言われている馬プラセンタの効果を実感できるのではないでしょうか。

 

馬プラセンタの効果でアンチエイジング、そして、同じ年代の周りの人よりも若々しい、「なりたい自分」を目指しましょう。

 

人由来のヒトプラセンタに関しては、美容目的や更年期障害や肝機能障害などの治療に、医療機関でしか摂取することができません

 

関連ページ

馬プラセンタにはどんな効果があるの?
効果が実感しやすいと言われる馬プラセンタ。 馬プラセンタには美容と健康の2つの効果があります。
馬プラセンタの有効成分とは?
馬プラセンタには、人に必要とされているたくさんの有効成分が含まれています。 その中にはプラセンタにしか含まれていない成分があるのです。
馬プラセンタを選ぶなら産地は国産?外国産?
馬プラセンタサプリメントを選ぶとき、メーカーによって産地が違い、馬の胎盤は国産と外国産のものがありますが、何が違っているのでしょうか。